Home » nocategory » 脱毛エステに関する資格とその意味について

脱毛エステに関する資格とその意味について

脱毛エステの施術については、医療行為としての定めがあるものを行う事は無い為に医師免許は必要とされません。その他の国家資格の取得要件等も問われる事は無いので、事業として開業する為の要件が整っていれば開業は可能な分野であり、条件次第では法人化せずとも個人事業で行う事も可能です。とは言え顧客の体に直接的な接触がある施術である事から、何らかの方法で施術に対する安心感を与える方法を準備する事は問われると言えます。

こうした点を担保する為に、取得必須では無いものの幾つかの民間資格が置かれているというのが脱毛エステ業界を取り巻く現状となっています。脱毛エステに関する民間資格には大別して2つのタイプがあり、1つは筆記・実技の試験が課されて合格する事で得られるもの、もう1つが前述したタイプの資格や実務経験年数等を申告する事によって認定されるものがあります。

全般を通して言える事としては、施術に電気機器を使用するので電気に関する知識・経験が問われる事が挙げられます。特に難関且つ取得要件に長期間を要するものについては、国際的なバックボーンのある資格も存在しています。実際の施術者にとっては、徐々に踏み込んだ内容のものを取得して行く事で顧客への安心感・技術の裏付けを明確に示せるものとなっています。